現在地:トップページ > ニュース
ニュース
日本は1992年4月を実現した太陽光発電システムと電力会社の電力網のネットワークは、すでにいくつかの家庭に太陽光発電設備のインストールを開始。日本の通産省1994年から個人住宅を対象に、購入に太陽光発電設備の費用を補助して3分の2の制度。 日本の関連部門と日本2100万戸があれば個人住宅の中で80%に乗せて太陽光発電設備、満足全国総電力需要の14%、もし工場やオフィスビルなどの単位用の部屋も行う
太陽光熱発電技術の4種類に分けて∶槽式、タワー、ディスクや反射フレネル式。 槽式:利用槽式集光レンズ、直接太陽光の反射に鏡面焦点先の集热管、内部を転化伝熱物質によって駆動タービン発電蒸気。 タワー∶を吸収した太陽放射線塔に集中し、仕事に熱加熱さらに発電物質。 ディスク:太陽光架台利用回転パラボリックリフレックター、入射太陽光フォーカスの焦点に、焦点所に置かれたスターリング発電装置に発電を行う
ここ数年、新しい建築方式に光伏技術発展生まれ:太陽光発電と建物を組み合わせ、建物の週りの構造の表面に配置して電気を起こす太陽光デバイスということによって、建物の発生グリーンエネルギー、これは太陽光電建築。 太陽光架台建物は多くの利点があります:1、貴重な土地資源を占用する必要はない。2.有効に減少する建物のエネルギー消費量、建物の省エネルギー。3.低下壁面や屋根の温度上昇。4.無騒音、無汚染物質
清立新エネルギーの未来の大規模太陽光発電利用は。太陽光発電の多種の方式を利用して。実用のは主に以下の2種類。 1、光―熱―電気に変換。つまり太陽放射線による熱発電。太陽光架台一般的には太陽光で集熱を吸収した熱エネルギーに変換器は工質の蒸気、それから蒸気タービン発電機の発電を動かし駆動ガス。前の過程を光―熱変換、後の過程を熱―電気に変換。この方式で簡単な作業では、低コストリターン大に中国で大面積の
光電効果によって、ときに光が差すの導体や半導体には、光子と導体や半導体の中の電子作用になると、電子の流れで、光の波長を短く、頻度が高いほど、電子が持つエネルギーが高いほど、太陽光架台例えば紫外線が持つエネルギーが高い、赤外線、そのため、同じ材料を紫外線を浴びるの発生の流れを電子エネルギーが高い。はすべての波長の光を電気に変換は、週波数を生むことができて光電のしきい値とき、電流が発生。一般的な半導体