現在地:トップページ > ニュース
ニュース
  中国で太陽電池原料である多結晶シリコンの工場が相次ぎ被災した。原料の需給が逼迫し、太陽光パネルの価格が一時的に上昇するかもしれない。  2020年7月19日、多結晶シリコン世界大手、中・GCLポリ・エナジー・ホールディングスが新疆ウイグル自治区に建てた多結晶シリコン工場が爆発した。多結晶シリコンの純度を高める蒸留装
ネクストエナジー・アンド・リソース株式会社が、株式会社ENEOSサンエナジーと共同で展開している「卒FIT40円買取キャンペーン」の概要は、以下の通りだ。 対象となるのは、ENEOS株式会社が提供する「ENEOS太陽光買取サービス」を利用し、キャンペーンの申込期間内にネクストエナジー・アンド・リソース株式会社の
  佐野太陽光発電所完成イメージ図(出所:パシフィコ・エナジー) パシフィコ・エナジー(東京都港区)は10月9日、栃木県佐野市で発電容量53.9メガワット(直流ベース)となる太陽光発電所の建設を開始すると発表した。同社にとって栃木県で初めての案件で、運転開始は2022年夏頃を予定している。
昨今注目を集める気候変動対策。その一環としても期待を寄せられる「クリーンエネルギー(再生可能エネルギー)」。日本国内に住む私たちにとっては想像し難いかもしれませんが、新興国の中にはまだまだ電力が行き渡っていない未電化地域が数多く存在します。 こうした新興国の未電化地域を電化するにあたって、「クリーンエネルギー(再生可能エネルギー)」の果たす役割、これからの可能性について、今回はご
株式会社日本ベネックス(以下:日本ベネックス)は、千葉県印西市の物流施設「アイミッションズパーク印西」の屋根を賃借した、メガソーラー「ベネックス印西ソーラーポート」の運転を開始しました。単独の物流施設における屋根借りメガソーラーとして、国内最大級(約3MW)、高圧太陽光発電所では国内初の「ノンファーム型接続」で稼働したケースです。 年間予想発電