現在地:トップページ > ニュース
ニュース
太陽光発電システムを取り付ける際は、太陽光架台というものが必要となってきます。ソーラーパネルを設置する際の土台のことです。架台にも、設置場所によって種類が変わってきます。地面設置型架台と屋根設置型架台の2つにわかれます。一般家庭は屋根設置型架台が多いです。その中でも様々な架台に分類されます。バラスト式架台、陸屋根用架台、屋根型傾斜架台、固定式三脚スタンド、角度可変屋根型太陽電池アレイ用架台、折板屋
太陽の光は最も重要な自然の光源、それは大地を照らす、全体の世界は色とりどりの花、色とりどり。光が時間の推移や天気の変化が発生した時、直接影響物象の色。には太陽光のほか、その他各種光源、例えば日常生活の中で使う照明、太陽光発電架台それは人工光源、日光に弱いより多くて、その上のくわえた可視光の割合もと違う太陽。普通の白熱燈の光常偏红、黄色い光が、蛍光燈の光は靑い光に偏っている。 太陽の光は太陽熱核融
太陽エネルギーを電気に変換2種類の基本的な方法:一つは太陽熱を放射エネルギーに変換するため、すなわち「太陽熱発電」、もう一つは、光電デバイスが太陽光を直接変えて電気エネルギー、すなわち「太陽光発電」。太陽熱発電、世界で最も先進的な技術イスラエル。カリフォルニア州の技術を、ブラジル、インド、モロッコ設備の建設を計画しているとして、世界銀行の資金を提供するには開発中の国。太陽光架台入射地球の表面の太陽
太陽光発電システムを導入する場合、発電中の稼働音について心配という人も多いでしょう。 稼働音は、太陽光発電架台パワーコンディショナーが動いている時に発生します。 音の大きさは、デシベルという単位で表されますが、パワーコンディショナーの稼働音はだいたい36デシベルくらいになります。 どのくらいの大きさかと言いますと、図書館なみで、ほとんど気になりません。 音の大きさは、発電量に比例し
技術的特徴として、発電量が日照に依存し不随意に変化する一方、昼間の電力需要ピークを緩和し温室効果ガス排出量を削減できる。設備は太陽電池、必要な電圧や周波数に変換するインバータ、用途により蓄電池も組み合わせて構成される。太陽光発電架台開発当初は極めて高価で宇宙開発等限られた用途に用いたが、近年発電コストの低減が進み、多くの発電方法と比較して高コストながら年間数十ギガワット単位で導入されるようになった