現在地:トップページ > ニュース > 業界ニュース
業界ニュース
新型コロナウイルスの影響で延期になっていた、固定価格買取(FIT)制度の太陽光第6回入札(2020年度上期)の結果が発表された。入札対象が事業用太陽光250kW以上に拡大されて初めての入札だ。募集容量は750MW、上限価格はこれまでと同じく事前非公表とされた。 太陽光第6回入札は、当初8月11日に入札募集が開始される予定だったが、新型コロナウイルスによる影響を考慮し2ヶ月ほど後ろ
小型・高性能VertexSシリーズにより住宅・商業施設市場向けラインアップを拡充 常州(中国)11月3日】太陽光発電およびスマートエネルギーのトータルソリューションを提供する世界有数の企業TrinaSolarCo.Ltd.(以下「トリナ・ソーラー」または「同社」)は、住宅・商業・工業施設市場向け高効率太陽電池モジュールの最新シ
氷見市と北陸電力は13日付で地域エネルギー会社「氷見ふるさとエネルギー」(富山県氷見市)を設立したと発表した。北陸電の取り次ぎとして市内公共施設や移住者などに電力を販売する。得た収益は市内の再生可能エネルギーの普及支援などに活用する。自治体と電力会社が共同で会社を立ち上げる動きは全国的に珍しく、北陸では初という。 新会社の資本金は999万円で氷見市が50.1
  中国で太陽電池原料である多結晶シリコンの工場が相次ぎ被災した。原料の需給が逼迫し、太陽光パネルの価格が一時的に上昇するかもしれない。  2020年7月19日、多結晶シリコン世界大手、中・GCLポリ・エナジー・ホールディングスが新疆ウイグル自治区に建てた多結晶シリコン工場が爆発した。多結晶シリコンの純度を高める蒸留装
ネクストエナジー・アンド・リソース株式会社が、株式会社ENEOSサンエナジーと共同で展開している「卒FIT40円買取キャンペーン」の概要は、以下の通りだ。 対象となるのは、ENEOS株式会社が提供する「ENEOS太陽光買取サービス」を利用し、キャンペーンの申込期間内にネクストエナジー・アンド・リソース株式会社の