現在地:トップページ > ニュース > 業界ニュース
業界ニュース
太陽エネルギーを電気に変換2種類の基本的な方法:一つは太陽熱を放射エネルギーに変換するため、すなわち「太陽熱発電」、もう一つは、光電デバイスが太陽光を直接変えて電気エネルギー、すなわち「太陽光発電」。太陽熱発電、世界で最も先進的な技術イスラエル。カリフォルニア州の技術を、ブラジル、インド、モロッコ設備の建設を計画しているとして、世界銀行の資金を提供するには開発中の国。太陽光架台入射地球の表面の太陽
太陽光発電システムを導入する場合、発電中の稼働音について心配という人も多いでしょう。 稼働音は、太陽光発電架台パワーコンディショナーが動いている時に発生します。 音の大きさは、デシベルという単位で表されますが、パワーコンディショナーの稼働音はだいたい36デシベルくらいになります。 どのくらいの大きさかと言いますと、図書館なみで、ほとんど気になりません。 音の大きさは、発電量に比例し
技術的特徴として、発電量が日照に依存し不随意に変化する一方、昼間の電力需要ピークを緩和し温室効果ガス排出量を削減できる。設備は太陽電池、必要な電圧や周波数に変換するインバータ、用途により蓄電池も組み合わせて構成される。太陽光発電架台開発当初は極めて高価で宇宙開発等限られた用途に用いたが、近年発電コストの低減が進み、多くの発電方法と比較して高コストながら年間数十ギガワット単位で導入されるようになった
県内企業の半数以上が太陽光発電に興味を持ち、2割超が導入済みか導入を決定していることが、栃木銀行の調査で分かった。企業の関心の高さをうかがわせ、メガソーラー(大規模太陽光発電所)など太陽光発電の飛躍的拡大を図る「とちぎサンシャイン」プロジェクトや県有施設の屋根を太陽光発電に貸し出す事業を進める県の施策にも弾みが付きそうだ。 太陽光発電の導入状況調査は8月、県北71社、県央15
サンテックパワーは23日、イタリアの裁判所から同社子会社グローバルソーラーファンド(GSF)が投資した太陽光発電所37か所、総発電容量約30MWを差し押さえる通知を受けたと発表した。これはGFSが有する発電能力の21%に当たる。9月26日、毎日経済新聞網が伝えた。 サンテックパワーはGSF株式の88%を保有しており、GSFはサンテックパワーの最も価値のある資産である。業界アナリストは「今回差し押