現在地:トップページ > ニュース > 業界ニュース
業界ニュース
県内企業の半数以上が太陽光発電に興味を持ち、2割超が導入済みか導入を決定していることが、栃木銀行の調査で分かった。企業の関心の高さをうかがわせ、メガソーラー(大規模太陽光発電所)など太陽光発電の飛躍的拡大を図る「とちぎサンシャイン」プロジェクトや県有施設の屋根を太陽光発電に貸し出す事業を進める県の施策にも弾みが付きそうだ。 太陽光発電の導入状況調査は8月、県北71社、県央15
サンテックパワーは23日、イタリアの裁判所から同社子会社グローバルソーラーファンド(GSF)が投資した太陽光発電所37か所、総発電容量約30MWを差し押さえる通知を受けたと発表した。これはGFSが有する発電能力の21%に当たる。9月26日、毎日経済新聞網が伝えた。 サンテックパワーはGSF株式の88%を保有しており、GSFはサンテックパワーの最も価値のある資産である。業界アナリストは「今回差し押
ソニーコンピュータサイエンス研究所と沖縄科学技術大学院大学(OIST)の北野宏明教授が考案した太陽光発電など再生可能エネルギーを安定供給する新技術「オープンエネルギーシステム(OES)」の実用化に向けた実験が、OIST内で開始されることが分かった。今月から教職員宿舎の屋上へのソーラーパネル設置が始まっており、11月末までに実験環境を整備しデータの収集・解析に入る。(銘苅一哲)  実