現在地:トップページ > ニュース > 業界ニュース
業界ニュース
近年、急速なコスト低下により世界各地で導入が進む太陽光発電は、ケースによっては火力発電や原子力発電よりも高い経済性を確保することも可能になっており、今後ますますニーズが高まっていくものと考えられます。日本においては、固定価格買取制度による買い取り単価の下落や、製品自体のコストパフォーマンスの向上等により、初期費用無料のPPAモデルなど新しいビジネスモデルも生まれつつあります。 こ
環境省の「二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金」は、自家消費型の太陽光発電設備や蓄電池の導入を後押しする。第1次募集は7月末、第2次募集は8月末で終了したが、第3次募集が9月30日(水)正午までとなっている。 脱炭素や防災の観点から生産拠点を整備することを想定しているが、対象は実に幅広い。業務用・産業用施設に加え共同住宅、公共施設や戸建て住宅も含まれる。応募を申請で
 埼玉県と東京電力エナジーパートナー(TEPCO)は、県の下水処理場や家庭に設置した太陽光発電の電気を県内企業に優先的に提供する協定を結んだ。地球温暖化が進む中、商取引では再生可能エネルギー(再エネ)の電気の使用を相手先に求める事例も増えている。取り組みは、県内企業がそんな時流に取り残されないよう、比較的安い価格設定で後押しすることが狙いだ。  大野元裕知事と東京電力エナジーパートナーの秋
環境省は8月31日、二国間クレジット制度資金支援事業のうち設備補助事業に、丸紅(東京都中央区)を代表事業者とする、サウジアラビア・ラービグ地域における400MWの太陽光発電プロジェクトを採択したと発表した。 想定GHG削減量は年間477,129トンCO2。同省によると、これまでに採択した案件を含めた2030年までの累積温室効果ガス(GHG)削減量は約1,720万トン